自然大好き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

双石山の秘境を歩く・・・

平成19年8月22日(水)は宮日の記者さん同伴での山歩き
目的場所は双石山の秘境・・・通称「象の墓場」と言われるところです。
塩鶴登山口をAM8:41出発する
猛暑の無風の中での山歩きは異常なほどの汗が噴き出して
タオルも汗でボトボト
ウチワ又センスをこの時ほど忘れた事を悔やんだ事はない。
神社を経由して大岩田展望台で小休止
引き返して小谷ル-トとの分岐点へ

ここから尾根を見上げると約6mぐらいの直登・・うわ~と思ったが
結構、木の根があって登りやすかった。女性は安全の為
ロ-プで身体を確保する、尾根に上がると
眼下の大きな岩壁に圧倒された。

0708boroisi097.jpg



ここが目的地の「象の墓場」でした、ここに到着すると
東側の岩壁から冷たいヒヤリとした風が漂ってくる。
つられて
そこに行ってみると、ななんと巨岩と巨岩の隙間から
とても冷たい風が・・・・
△の空間になっている風穴に入ってみると天然の冷蔵庫に
居るみたいでした。外部との気温差は10度以上はあるのでは?
今までの汗も吹き飛び肌にとても心地よい
冷たい冷気が身体をおう。

※ 風穴から見上げると冷気で岩が冷たく光っている
0708boroisi148.jpg


また、岩にこびりついたイワタバコの花、緑に輝くコケが印象的でした。
しばしこの場所を堪能して下山する
ムっとした本来の暑さが戻る。
今回の山行でみた植物等はこちらのブログ今日の花は?に掲載してあります。

翌日の宮崎日々新聞を見てみた。
社会面27ペ-ジに下記の様に掲載されていた。
先頭を歩いているモデルは私です
σ(^_^;)汗

------------------------------------------------------------
県内のニュース

“谷底”は天然の冷蔵庫 宮崎市双石山 08:11

 宮崎市南部にある標高509・3メートルの双石山の中腹。見上げるほど垂直にそびえ立つ岩に挟まれた、まるで峡谷のような場所がある。奥行き40メートル、横幅10メートルほどの“谷底”は、ひんやりとした空気に汗が引っ込むほどの涼しさが味わえる。

 重なり合った岩が、大人が1人やっと入れるほどの縦に割れたすき間をつくっている。ここから吹き出す冷たい空気が、登山客の疲れを癒やしてくれる。

 県総合博物館の赤崎広志さんによると、岩から染み出す水が吹き抜ける風で気化して、涼風を生み出しているという。風穴は、まさに“天然冷蔵庫”だ。

【写真】切り立った岩に挟まれた“谷底”は、風穴からの冷気が漂う= 22日午後、双石山中腹20070823-1187824309.jpg




スポンサーサイト


  1. 2007/08/23(木) 09:05:07|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

矢岳

平成19年7月18日
矢岳へ...
途中の緑あふれる景観が気持ち良かった(*^。^*)
美味い空気をいっぱい吸い込み
英気を戴く、徒渉地点の渓谷美(ヤマボウシが最後の花を見てくれとばかり咲いていた)上りと
下りの2回ここにたどり着いたときにはホットしました。


 冷たい水で顔を洗うと汗もどこえやら...
右側になごりヤマボウシの花がチラチラ咲いてる
yatake061.jpg
矢岳山頂の足下はミカエリソウの群生 9月の開花時期が楽しみである。
yatake13222.jpg
夏の青モミジが爽やかでいいね~秋は紅葉で楽しめる
yatake00888.jpg
駐車場から望む高千穂峰は雄大です




  1. 2007/08/04(土) 05:41:47|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
;;